モビットの年齢制限があるのはなぜ?

消費者金融のモビットは利用条件として年齢を挙げています。
その年齢は20歳から65歳までです。
年齢制限があるのはどのような理由なのでしょうか。

実は貸金業法では20歳以上ではなく18歳以上から借り入れ対象としています。
例えばクレジットカードでも18歳以上を対象としているところはいくつ変わります。
現在の消費者金融では20歳以上つまり成人で収入を得ていれば借入が可能となっていることが一般的です。
そのため学生も借り入れ可能となっていますが、条件をクリアできていればということです。
下限だけではなく上限の年齢も決められています。
65歳未満というのも消費者金融としては一般的です。
多くの消費者金融では年金収入のみの場合、それは安定した収入としては認められていません。
そのため年金受給者の年齢になると新規申し込みができないことが多くなっています。

成人といえばそれがたとえ学生であっても、主婦であっても自分の決断に責任を持たなければなりません。
それが消費者金融を利用するための条件でもあります。
借りた金額は本人が責任を持って返済をしなくてはなりません。
年齢制限があることは別段消費者金融のデメリットになるものではありません。
もし上限の年齢に達している、もしくはその近辺であれば高齢者を対象とした公的融資もあります。
社会保険事務所で受け付けをしている生活福祉資金貸付制度を検討してみるとよいでしょう。
年齢に合わせた適切な借り入れ先はあります。
消費者金融であるモビットもまた、適正年齢があるということです。

モビット増額申請方法とは?限度額いくらまで可能?ベストな方法は?はこちら